太陽熱発電-最先端のグリーンエンジニアリング

私たちの世界では、安全で信頼できる新しいエネルギー源が求められています。また、その新しいエネルギー源を現実的な価格で確保できて初めて、継続的な経済成長を可能にします。再生可能エネルギーは、最も環境に配慮した選択肢です。現在開発中のあらゆる代替再生可能エネルギーの中で、集光型太陽熱発電(CSP)は、世界中の晴天地域で無限の太陽エネルギーの利用が約束される為、最も魅力的と考えられています。
太陽エネルギーの収集・使用・保存
CSPの原理は非常に簡単です。太陽エネルギーは通常、熱エネルギーとして収集可能もしくは移送可能なシステムに集束され、タービン発電用の蒸気として使用されます。熱エネルギーは日照時間中に収集され、発電時間延長のために特別な蓄熱システムに保存することもできます。

プロマット断熱ソリューションによってCSPは更に効率的になります
太陽熱発電における最大の課題は、太陽の熱エネルギーの捕捉とその利用を可能な限り効率的でコストに優れたものにすることだと考えられています。CSPは熱プロセスであるため、設備全体で最善の断熱材を使用することで、不必要な熱損失を最小限度に抑えられ、プロセス全体の熱効率を改善できます。

課題
  • 熱管理‐エネルギー損失制御‐プロセス最適化
  • 熱損失削減の最大化
  • プラント効率の最大化
  • 連続運転のための設計
  • 日常メンテナンス中の容易な組み付および貼り換え
  • 断熱材に対するROI < />
  • 生産プラントの総原価の削減(共通基準エネルギー原価の削減)

プロマットは、これらの設計上の課題をすべて解決するサポートが可能です。最も低い熱伝導度を有する「クラス最高」の断熱材製品をはじめに、市販されている中で最も広い製品群から選択することで、当社はすべての設計課題に最も適合する「エンジニアリングソリューション」を設計することができます。マイクロサーム®、ケイ酸カルシウム、耐火物、および生体溶解性ファイバーのまさしく最高の断熱材製品を利用可能にすることにより、プロマットシステムは性能で劣ることはありません。各ステージにおける熱損失は、30~50%削減可能です。

プロマットは、注文製作品のエンジニアリングソリューションの供給において、能力、経験、および信頼性の実績があります。

断熱ソリューション

CSPタワー

ソーラータワーは、それぞれ120 m2以下のヘリオスタットと呼ばれる一面に広がった簡単な反射鏡を使用して太陽のエネルギーを捕捉します。反射鏡は、30~250 mの高さのタワー最上部にあるレセプターに太陽の熱を反射し、集光し、一点に集めます。2種類の主要なレシーバーがあり、(使用する伝熱方法により)運転温度は最高で1,000°Cもの高温に達する可能性があります。

ボリューメトリックレシーバー ボリューメトリックレシーバーは基本的に、巨大なセラミックメッシュです。蒸気発生サイクルへの供給のためにそのメッシュに空気を通す強制対流システムにより熱エネルギーを伝達します。

円筒型レシーバー
この種類のレシーバーは、熱媒液(HTF)により太陽のエネルギーが発電システムに伝達される円筒束状構造を通して熱を抽出します。HTFが溶融塩の場合には、入口温度は通常300°C未満ですが、レシーバー温度は1,000°Cに達する可能性があるので、HTF温度はレシーバーから出るときには500°Cをはるかに超える可能性があります。これらの温度では熱エネルギーを保存し、熱漏れを防止するために非常に高性能な断熱材が必要です。それぞれの種類のレシーバーシステムについて、目的に合うように設計されたプロマットシステムを使用すると、プロセス効率が非常に効果的に改善されます。

プロマットはソーラータワープラントのさまざまな部品に対して有効です。

オーブンボックス
主にマイクロポーラス製品をベースとした断熱システムです。

配管/熱風ライン
生体溶解性ファイバー、マイクロサーム® MPSおよびキルティング型マイクロサーム®により補強された発熱体の近くで使用されます。モノルックス®またはプロマジル®は、成型品システム用に使用されます。

蓄熱槽
主にプロマグラフ®生体溶解性ファイバーブランケット、キルティング型マイクロサーム®、モノルックス®、プロマボード®、およびプロマライト®。分離壁ではスパルックス-V®、ケイ酸カルシウムおよびバーミキュライトボードを使用します。

外側熱シールドおよび背面レシーバー断熱材
極端に低い太陽光吸光度の、カスタムメイドのスカットサーム®システムをベースとしたシステム

レシーバー領域の空洞
極端に低い太陽光吸光度の、カスタムメイドのスカットサーム®システムをベースとしたシステムム
放物面トラフ反射鏡システム

パラボリックトラフシステムでは、太陽エネルギーは太陽熱コレクターが同列に構成されるコレクターフィールドにより捕獲されます。太陽熱コレクターは、それぞれ頭上の太陽の経路に追従できるように南北軸に旋回します。各コレクターは太陽光を放物線の焦点に配置されたレシーバー管に集光させる線形放物面形状の反射鏡です。熱媒液(HTF)を含むレシーバー管の温度は約400°Cです。

ボールジョイント組立品(BJA)およびロータリージョイント組立品の課題
コレクターが太陽の経路を追従するときに各コレクターが軸回転動作をするため、ほかのコレクターおよびHTFを移送する分配管への連結用に特別な断熱旋回ボールジョイント組立品が必要です。断熱材は定期検査のために容易に取り外せることが必要です。マイクロサーム®-MPSをベースとするシステムおよびキルティング型マイクロサーム®を使用して作製されたフレキシブルジャケットも利用可能です。

火災安全
BJAの可動部分からのHTFの漏れのリスク、および高い運転温度に起因する自然発火による火災の可能性により、高温面にはステンレス鋼仕上げによるフレキシブルジャケットシステムを開発しています。このため、熱伝達流体は断熱材を貫くことができず、ジョイント部の火災リスクは効果的に最小化されます。マイクロサーム®は完全不燃性です。
分配管経路およびパイプサポート

CSPプラントの規模のために、プラントのさまざまな部分を連結する長距離の連絡配管が必要です。これらの配管からの過剰な熱損失は、施設全体の運転効率を著しく低下させると考えられます。

コスト効率に優れた最高の性能
小口径用成型管状材(MPS)および大口径用フレキシブル断熱材製品をベースとするマイクロサーム®マイクロポーラス断熱システムは、多くのメリットを提供します。
  • 最高性能の断熱材‐ほぼすべてのコンパクトな断熱システムが利用可能です。定期検査および張り替えのために容易に取り外しできます。
  • 迅速で簡単な取付。エルボ部の注文製作品およびそのほかの断熱材取付部品が利用可能です。
  • 安定した性能。断熱材は経時劣化しません。
  • 取付に対して形状に合わせて作られる注文製作システム。
  • 通常の断熱材製品に比べた場合、ボリュームの点でコスト効率に優れます。大幅に減少した断熱材の体積と注文制作の製品により、物流が容易で取り付けが安価です。エルボ―部や直線部分と同様に迅速に断熱できます• 通常の断熱材製品に比べた場合、ボリュームの点でコスト効率に優れます。大幅に減少した断熱材の体積と注文制作の製品により、物流が容易で取り付けが安価です。エルボ―部や直線部分と同様に迅速に断熱できます。

パイプサポート
すべての配管を断熱するだけでなく、金属接触による熱橋で生じるサポート部での熱損失を防止することは非常に重要です。 マイクロサーム®は、優れた耐圧縮性を有し、配管重量にかかわらず、サポート部の断熱性能を維持します。 。