製鋼工程での制御および安全性の向上

1800年台半ばのベッセマー転炉の発明およびそれに続く技術開発により、鉄の大量生産は、世界経済の重要な要素になりました。
鉄鋼業界におけるプロマット
プロマットの断熱ソリューションは、製鋼の各段階において温度を制御し、熱損失を削減するために使用されます。正確な温度管理により、良好な品質管理および厳密な制御が可能になります。

現在では、空気の吹込みを酸素の吹込みで置き換える転炉が使用されています。世界の生産高の約70%は、転炉を使用して製造されています。銑鉄に酸素を吹き込むと、炭素含量が低下し、鋼に変化します。電炉は、鉄スクラップ材を溶融する製鋼プロセスです。これらは主要な製鋼プロセスとして知られています。二次製鋼は、一般的には取鍋で実施され、その場合合金を添加し一般に鋼の化学的性質を改良するために使用されます。

銑鉄取り扱いのためのプロマットソリューション
銑鉄は、トピードカーにより高炉から製鋼プラントへ移されます。 トピードカーは600トンもの銑鉄を運ぶことができ、金属の一部前処理にも使用されます。 プロマット断熱システムにより、移動中の銑鉄からの熱損失が最小限に抑えられます。

プロマット‐総合的な供給とサービスパッケージ
当社のサービスへの取り組みは、お客様の熱問題の解析に基づいて断熱の設計支援から開始されます。 当社は熱解析と共にサーモグラフィーによる測定を行い、性能試験による支援ができます。当社では、必要に応じてお客様の現場での施工指導を実施しております。

鉄鋼分野に使用する断熱材の課題
  • エネルギー損失
  • 熱損失及び熱衝撃
  • 荷重による圧縮に対する耐性
  • 不燃性
 
  • キャスタブルからの水による損傷
  • 高温での連続稼働
  • 過剰な収縮や性能低下の懸念
  • 施工性
  • 断熱材に対するコスト効率

プロマットは、これらの設計上の課題をすべて解決するサポートができます。最も低い熱伝導度を有する断熱材製品及び、広範囲の断熱材から選択することで、設計課題に最も適合するソリューションを実施することができます。マイクロポーラス、ケイ酸カルシウム、耐火物、およびファイバー系などのすべての利用可能な製品から選択します。鉄鋼分野で必要とされるようなすべての製品を当社は保有しています。

プロマットのシステムは、業界トップクラスの性能を持っております。

断熱ソリューション

取鍋
課題:
  • 連続鋳造の増加
  • 取鍋保持時間の増加‐予熱および再加熱に必要なエネルギーの削減
  • 取鍋内部での二次冶金法の増加‐ばらつきのない温度および粘度の改善
  • 温度降下の削減
解決策:
  • 取鍋鉄皮とライニングの間にパネル型マイクロサーム®の設置
利点:
  • 鉄皮からの放熱量減少
  • 鉄皮からの温度低下による耐火材の膨張の減少によりライニングの安定
  • れんがの熱衝撃の減少‐溶鋼の浸透に対する耐性の改善
タンディッシュ
タンディッシュは、溶鋼を連続鋳造機に供給するために使用します。 タンディッシュにより、取鍋を交換している間に溶鋼が連続鋳造機に供給できます。したがってタンディッシュは、連続鋳造機への溶鋼供給の調整としても機能します。

課題:
  • 溶鋼の調整および品質の最適化
解決策:
  • タンディッシュとライニングの間パネル型マイクロサーム®の設置
利点:
  • ばらつきのない溶鋼温度および粘度の維持
  • 正確な温度/流量制御は、タンディッシュの操業上きわめて重要です。
トピードカー
トピードカーは、銑鉄を高炉から製鋼プラントへ移動します。

課題:
  • 移動のための長い滞留時間および距離‐温度保持問題
解決策:
  • マイクロサーム®断熱材
利点:
  • 熱効率の損失の少ない薄いライニングが可能
  • 取鍋容量の増加
  • 溶融金属の温度および粘度の制御改善
  • 輸送中の温度降下の削減
高炉
Microtherm®製品導入例:
  • 熱風羽口/ブローパイプ
  • 熱風バルブ、ベローズ、およびエルボ
  • 出銑桶および樋
  • カバー
脱ガス設備
  • 脚部
  • 上部
その他用途
電炉
電炉は約1,800°Cの温度で稼働し、最大で400トンの容量があります。効果的な断熱材の使用は、運転効率を大幅に改善できます。

代表的なプロマットソリューションには以下が含まれます:
  • マグネシアカーボン(MgO-C)耐火れんが
  • プロマトン®軽量耐火れんが
  • プロマライト®マイクロポーラスバックアップ断熱材
加熱炉
  • 昇温時間および炉壁からの熱損失の削減
  • 加熱区域の温度均一性
  • 作業員の安全のためのバーナー区域付近の炉壁温度低下
コークス炉