Refractories and other products for the complete solution every time

Promat HPI are the leading global supplier of high performance insulation solutions. As well as being the market leader in microporous and calcium silicate technology, we offer "catalogue products" including fibre matrix products and a range of refractory bricks and other products aimed at the furnace, kiln, and oven applications. Whatever your insulation problem, we have the solution.
Technology

Refractory (fire bricks, castables, bonding agents, accessories)

Heat insulating materials such as fire bricks and castables are normally specified for the refractory linings of industrial thermal processes such as furnaces. With high porosity and low thermal conductivity, they serve to reduce process heat requirements by controlling heat losses.

The term "heat insulating bricks" normally refers to those heat insulating materials which are specified for use up to 1000 oC and which are often mistakenly referred to as "rear insulation materials". They are made from several naturally occurring raw materials.

Kieselguhr, also known as diatomaceous earth, is a soft, siliceous sedimentary rock that is easily crumbled to a fine powder with a typical particle size between 10 µm and 200 µm.

Vermiculite is a hydrous, silicate mineral that is classified as a phyllosilicate and that expands greatly when heated. Vermiculite expands rapidly when the mineral is heated quickly above 700 oC. Because of the pressure exerted by the water in the intermediate layer as it evaporates, the structure becomes exfoliated and can occupy 20 to 30 times its original volume. It can be used for the manufacture of bricks, boards, and shaped parts.

Perlite is an amorphous volcanic glass that has a relatively high water content, typically formed by the hydration of obsidian. It occurs naturally and, similar to vermiculite has the unusual property of greatly expanding when heated sufficiently.

Lightweight refractory bricks are shaped refractory products with a total porosity ˃ 45% and an application temperature ˃ 800 oC.

The bricks are shaped by casting, centrifuging, or pressing. Sulphite liquor, gypsum, or concrete can be added to strengthen the mixture and speed curing.  The bricks are fired at a temperature corresponding roughly to the final classification temperature of the product.

Bricks with complicated shapes are hand formed using vibration or moulding.

Castables have similar composition to the refractory bricks and together with the bonding agents and other accessories they complete the range of resale products available.
性質および使用上の注意
T軽量耐火れんがに対する要求事項は、多種多様であり、場合によっては正反対のこともあります。

一方では
  • 高い断熱性能および低いかさ密度
他方では
  • 十分な機械的強度でありながら加工性良好
さらに
  • 多数の雰囲気条件下において高い耐熱性
  • および温度衝撃および温度変化に対する耐性
が要求されます。

工業炉の稼働は、使用中の軽量耐火れんがの挙動に対する決定的な基準です。連 続稼働している炉については、取り付けられている耐火物ライニングの質量は、エネルギー効率においてそれほど重要な役割を果たしません。断熱の程度は効率的な運転に重要なので、小さいλ値のれんがが有利です。

基本原則は:
かさ密度が小さければ小さいほど、それだけ熱伝導度も小さくなります。使用温度に対して適合されたかさ密度に対する必要があります。この必要性は、最低熱伝導度の存在に基づいていて、かさ密度が大きくなると、温度が高くなります。

最大使用限界温度に関しては、特別な知識が必要です。製造業者情報としての区分温度は、通常標準ハーフサイズ(standard half size)れんがにより実験室で決定されます。すべての辺を24時間火にさらした後の収縮は2%を超えないことが必要です。

実際には高温、静圧、振動、減圧雰囲気鉱石溶解蒸気(ore fluxed vapour)の長期影響による収縮および軟化の開始は、実験室で決定された区分温度を約100~200 K下回ります。

炉内雰囲気の一部としてのガスまたはダストを含んだ成分による化学的攻撃がある場合には、以下を考慮しなければなりません:
  • 炉内雰囲気の削減には低鉄含量のれんがが必要です(カーボンバースティング)。
  • さらに、大きな収縮は、炉内雰囲気の削減で発生することが見極められています。
  • アルカリ性蒸気および凝縮物により構造および溶融相の変更が生じています(アルカリバースティング)。
  • CaO結合のれんがは、短い焼結範囲(sintering range)のために過熱の影響を受け易いです。
  • れんがの硫黄分は、電気炉の加熱要素を攻撃します。
カタログに示されている熱伝導度の値は通常の雰囲気については適正です。値は、例えば不活性ガス下では変化します。H2雰囲気内では、実際の熱伝導度は7倍まで高くなる可能性があります。さらに、熱流は炉の圧力が増加すると変化します。真空では、熱伝達は気相により減少します。

永続的圧縮および荷重下での耐火度に対する耐性など、熱機械的挙動の測定は、区分温度や収縮よりもはるかに多くの情報を与えてくれます。
Product portfolio

Refractory bricks

  • PROMATON®
  • Bonding agents: ALSIBLOCK®, K84
  • Castables: PROMACRETE®, PROMACAST®, PROMAFLOW® 

Vermiculite products

  • PROMACLAD®
  • MICATECH®