グラスウール製品‐1,800°C以下の温度用の軽量断熱材

Promatは、マイクロポーラス製品およびケイ酸カルシウム製品の一流グローバルメーカーです。これらをご提供するために、当社では直接販売または完全かつ包括的パッケージとしての当社エンジニアリングソリューションに一体化できる高温ウールおよびテキスタイルを含むさまざまな「カタログ製品」も販売しています。当社では常にお客様のニーズに最適な製品を販売しています。
技術
それぞれの製品の種類が組み合わされて、市場において最も用途の広い製品ポートフォリオが作られます。それらの特性および性能ケイパビリティにより、当社は最高のシステムの特徴および性能を、それぞれ個々の特別設計断熱ソリューションのために最もコスト効率に優れたパッケージに設計することができます。

鉱物ウール(ボードおよびばらウール

グラスウールはガラス溶融物から作り、延伸、ブローイング、および遠心紡糸により製造します。グラスウール製品の仕様は500°C以下であり、特殊な組成でも750°C以下です。 鉱物ウールは、炉内でスラグおよび岩石を再溶解することにより作ります。溶融物は、ブローイングまたは遠心機により繊維化します。使用温度は、組成により変化し、600~750°Cの範囲となっています。

高温断熱グラスウール

これらは、用途の熱的ストレスおよび化学ストレスに応じて850~1,200°Cの間の使用温度を持つ土類アルカリケイ酸塩です。高温ウール製品は、1,800°Cもの高温まで断熱材として有効に使用できます。いったん鉱物およびグラスウールが製造されると、それらをマット、ボード、クロス、紙などの製品範囲、および当社製品範囲を構成する形状部品やコードに変えるためにさらに加工が必要です。
繊維マトリックス製品

テキスタイル(クロス、テープ、スリーブ、ロープ、コード

原繊維は納品用の基本製品ですが、これ(高温グレードを含む)は、さらに加工して用途の広い製品範囲の形態や形状を作製できます。

ボードおよび形状部品は、基礎材料にバインダーを添加する場合には低圧プロセスにより作製します。ウールの区分温度およびバインダー含有量や比重も変化させることにより、さまざまな製品仕様が得られます。予備焼成した形状部品は、小さい収縮により区別します。

紙は、有機・化学バインダーおよび添加剤を添加することによりウェットプロセスで製造します。プロセス中に繊維化しない粒子は、混合物中の気体または液体の逆方向の流れを使用してエラトリエーションにより分離できます。これを行うことにより、断熱性および材料取り扱い性が改善されます。

ウェットフェルトは、プラスチックフォイルで供給されます。これらは複雑な形状での用途に特に有用で、乾燥するにつれ硬化し、固まります。

有機系担体、ガラス、および金属繊維を基礎原料に添加することにより密封コード、テープ、スリーブ、およびホースの製造が可能になります。.
利点および性質
  • 軽量かつフレキシブル
  • 低い熱伝導度と蓄熱
  • 高い耐熱性および耐薬品性
  • 高い熱衝撃抵抗性
  • 容易な作業性
  • 非導電性
  • 多数の納入形態
  • プレバブ建築部材および切断部
Promat製品ポートフォリオ
  • ALSIFLEX® ブランケット、ロール
  • PROMAGLAF® ブランケット、テキスタイル、ロール、紙、硬質ボード、フェルト、
  • DALFRATEX® テキスタイル
  • PROMAFLEX® テキスタイル
  • PROMABLOK®ボード
  • PROMALAN®ボード
  • PROMAPACK®ボード

Promatの全高温ウール(ASW/PCW)製品範囲を見るにはここをクリックしてください。 

Promatの全高温グラスウール(AES)製品範囲を見るにはここをクリックしてください。