ケイ酸カルシウム断熱材

プロマットは、この40年間でケイ酸カルシウム断熱材製品におけるグローバルマーケットリーダーに発展しました。このリーダーとしての地位は、さまざまなケイ酸カルシウムグレードの性質を完全に最適化する技術開発とあいまって、製品の品質においてもまさしく最高のもののみへの完全なる献身により実現しました。
ケイ酸カルシウム技術

ケイ酸カルシウム‐熱損失(+強度)の制御

当社のケイ酸カルシウムは、幅広い温度範囲にわたり、きわめて安定した熱伝導度の値を発揮します。当社最良製品は、劣化したり過度に収縮したりすることなく、1,000°Cで連続使用できます。しかしながら、ケイ酸カルシウムを真に特別なものにしていることは、高い圧縮強度および曲げ強度により、組立品における構造部材としても理想的になっているということです。このため、ほぼすべての種類の熱機器は、単一の操作で作製および断熱できます。

プロマットはPROMAXON®で世界をリードしています

プロマットは、世界の全断熱材製品メーカーの中で最も先進的なケイ酸カルシウム技術を提供しています。PROMAXON®の商標名で登録済みの当社独自開発のアプローチは、当社独占的設計鉱物マトリックス構造により、制御されたいっそう小さな気孔寸法を作り出しています。

これが当社マイクロサーム®マイクロポーラス断熱材に使用されているものと類似の赤外線反射材と組み合わされた場合、市販されているほかのどのケイ酸カルシウム製品よりも著しく良好な0.10 W/mKもの低さの熱伝導度を有する断熱材になります。
Promaxon効果

プロマットアプローチ‐最適性能のために製品を最適化

ケイ酸カルシウムは、異なるグレードを生み出すためにさまざまな比率で酸化カルシウムをシリカと反応させることにより作っています。

当社のPROMAXON®技術により、優れた性質のケイ酸カルシウム製品の製造が可能です。PROMAXON®は白色鉱物の流動性粉末の外観を有する合成含水ケイ酸カルシウムです。

特別な結晶化過程により、当社の鉱物およびマトリックス工学の技術は、結晶成長および温度安定相の多孔度を制御し、好ましい結晶形状および集合組織を作り出します。非常に小さい粒子が作り出され、非常に多数の微細な針状結晶を有する球状シェル、および数は少ないがより大きな針状結晶を有するコア内部から構成されます。

結果として得られた製品範囲は、非常に安定しきわめて低い熱伝導度、優れた熱衝撃抵抗性、不燃性、優れた構造完全性を提供します。

ケイ酸カルシウム‐優れた熱的保護用に設計

気孔の多い材料の熱伝導度は、その成分の熱伝導度、および複合構造、例えば材料のミクロ構造内部の立体配置により制御されます。

PROMAXON®の球状形態は、原料選択の厳しい品質管理と共に、プロマットケイ酸カルシウム範囲のすべてにおいてきわめて低く安定した熱伝導度をもたらします。明らかに断熱材の熱伝達の固体熱伝導成分は、製品範囲で密度が大きくなるとわずかに増加しますが、全体的に熱的性能は優れています
材料特性
  • 優れた熱伝導度の値は、1,000°C以上までの広い温度範囲にわたり安定
  • 優れた耐熱衝撃性
  • 不燃性
  • 最高定格温度に連続ばく露した場合でも最小限の収縮
  • 優れた圧縮強度および曲げ強度
  • 優れた機械加工性
  • 多様な密度
  • 乾燥した場合に優れた電気絶縁性
  • 水に不溶
  • 油、弱アルカリ、そのほかの化学薬品に対する耐性

代表的な用途
ケイ酸カルシウムの独自の特性は、高温および高エネルギーの使用に遭遇するあらゆる用途での使用において明確な利点を提供します。プロマットエンジニアリングソリューションは、各グレードの変化に富んだ性質を利用して、制御可能な熱損失により不要なエネルギーの浪費を最小限に抑えます。

代表的な用途:

  • 石油化学‐炉、プロセス配管、および設備
  • ガラス‐前炉、融解炉
  • 金属およびその加工
  • エネルギー‐発電所、燃料電池、太陽光発電所、建物断熱材
  • 工業炉
  • 煙突‐産業用および家庭用
  • 輸送‐航空宇宙および防衛を含むあらゆる形態
  • 家電製品‐蓄熱式ヒーター、家庭用オーブン
製品ポートフォリオ
プロマットのケイ酸カルシウム製品の選択は、低、中、高密度断熱材製品に単純に細分できます。各製品部類には、独特の性質および利点があります。

高性能ケイ酸カルシウム

低密度ケイ酸カルシウムボードは、非常に効率的な断熱製品です。それらは、熱損失を小さくする低い熱伝導度を持っています。非常に軽い断熱システムは、ライニングの蓄熱の削減にもなります。これらの材料は1,050°Cまで安定し、EN 13501-1に従ってA1、不燃性に分類され、建築材料クラスDIN 4102です。
低密度ケイ酸カルシウムは、高密度の耐火物と組み合わされて「典型的」バックアップ断熱材となり、広い用途範囲でレンガおよびキャスタブルを断熱します。それらは、ほかの断熱製品と比較したその価格/性能により、コスト効率に非常に優れています。

  • プロマシル®
  • プロマテクト®

構造用ケイ酸カルシウム

プロマット中密度構造用ケイ酸カルシウム製品は、建造物において機能支持部品として使用できるアスベストを含まない断熱材です。1,000°Cまでの広い温度範囲内で、優れた断熱性、高い熱安定性、および構造完全性をあわせ持つ用途の広い材料です。幅広くさまざまな産業部門の過酷な産業環境における高性能の機械断熱用に好ましい選択肢です。

  • モノルックス®
  • プロマテクト®
  • プロミナ®
  • プロマフォア®

テクニカルケイ酸カルシウム

断熱用テクニカル「セラミックス」は、もともとアスベストボードの高温置換え用として開発された、特別設計の高密度ケイ酸カルシウムボードです。その非常に優れた機械的強度および電気絶縁性に最小限の収縮性があいまって、優れた電気絶縁性が必要な場合に1,000°Cまでの用途に一般的に好まれます。

  • デュラテック®
  • モナライト®
  • プロマボード®

複合断熱材ボード

プロマサーム®-VE複合要素は、薄鋼板または薄いプロマテクト®-Hボードにより覆われた断熱用心材で構成されています
デュラスティール®は、亜鉛めっきされ、穴を開けられた薄鋼板被覆材により補強されたケイ酸カルシウムの複合断熱用ボードです。

  • プロマサーム®
  • デュラスティール®
プロマットの全マイクロポーラス製品範囲を見るにはここをクリックしてください。